手にしたときの木肌のなめらかさ。丁寧な仕事がほどこされたお箸は、触れた瞬間にその違いが分かります。

素材や形に合わせて一本一本、手作業で削られる吉膳のお箸。熟練した職人が使う鉋は刃先まで丹念に研がれ、それで削ることによって表面につやがあり、使い勝手のいい箸ができます。

日本の伝統的な木造建築に、木の地肌をそのまま生かして使う白木造りが多く見られますが、その柱は鉋で仕上げられることで、つややかな美しい光沢があり、同時に優れた耐久性を持つといいます。吉膳の箸には、それと同じ匠の技が生きているのです。

  • 吉膳のお箸
  • 伝統の技術
  • お箸の材質と種類
  • 安全と信頼
  • エコ・環境への取組み
  • オリジナルデザイン
  • エコ・環境への取組み 吉膳は、自然の恵みを一切無駄にしない先代からのエコに取組む知恵を受け継いでいます。

ページの先頭へ戻る

吉膳のお箸