吉野杉とは

吉野における植林の歴史は、約500年前の室町時代までさかのぼり、豊臣秀吉が築いた大阪城・伏見城も吉野材が使用されています。

吉野杉・吉野桧は、主に奈良県中南部の吉野林業地帯(主に川上村、東吉野村、黒滝村)が産地です。日本三大美林の1つで、最高級のブランド材としても名高く、その最大の特長は芯が円心にあり曲がりが少なく、年輪巾が適度に細かく均一であること。そして色つやが良く、光沢にとんでいることがあげられます。

吉野は風害が少なく、土壌は保水と透水性が極めて良く、杉・桧の育成には最適な条件が揃った地域とされています。

  • 吉野を知る
  • 吉野杉とは
  • 林業への取組み
  • 川上村について
  • 吉野町について
  • 吉野ギャラリー

ページの先頭へ戻る

吉野を知る